Emacs の設定ファイル (.emacs) を綺麗にした

本当はこんなことしている場合じゃないんですけど!!,レシピ不明の秘伝のタレと化していた .emacs を前々からフルスクラッチで書き直したいと思っていて,ついにやってしまった.

一応今回のテーマとして El-Getinit-loader.el の導入が目新しいところ.
El-Get が思いの外空気を読んでくれないようだったので結構苦労した.
作者に言わせればパッケージの書き方が悪いということになるのだろうが…….
まだ手元の環境でしか試せていないので職場でも動かしてみて色々調整が必要だろう.

ついでに初めての試みとしてすべての設定を GitHub で公開してみることにする.
https://github.com/kissge/.emacs.d
有識者におかしなところを直してもらえたりしたらいいなぁ.
そういえば init.el 読書会が気になる今日このごろ.

TeX: \pagestyle{empty} してもページ番号が勝手に挿入される

より正確に言うと,「最初のページにのみ」ページ番号が勝手に挿入される.
解決策は \maketitle よりも後に \thispagestyle{empty} を挿入すればよい.
どうも \maketitle の中で勝手に \thispagestyle{plane} か何かで上書きされているらしい.
2014 年にもなって何でこんなことになっているんだ.

余談だけれど,LyX でこの問題に対処するいい感じの方法が思いつかなかったので,プリアンブルにこんな感じのハック(笑)を足すことで対応することにした.

\let\maketitlex\maketitle
\renewcommand{\maketitle}{\maketitlex\thispagestyle{empty}}

Cygwin/X でウィンドウをリサイズしようとすると高さが潰れてしまう

最近自分のメイン端末には Windows 8.1 を入れて動かしているがやはり Linux が使えると色々と便利な場面も多い.
自分の場合は VirtualBox 上で Ubuntu を動かして Cygwin/X を使って仮想ネットワーク上の X11 forwarding によって Windows にウィンドウを持ってくるという若干遠回しな解決策でずっと運用していて,これが中々に快適.

が,Firefox とかいうよく分からないアプリケーションだけはなぜか描画が上手く行かず,ウィンドウをリサイズしようとすると高さがゼロになってにっちもさっちもいかなくなるという致命的なバグがある.

使わないからいいけれど.

と思っていたら Emacs をバージョンアップしたとたん同じことが起きるようになってしまった.

Continue reading

ファイルを番号順にソートする

連番が含まれるような名前のファイルがあったときに

$ ls
10.txt  11.txt  12.txt  13.txt  14.txt  15.txt  1.txt  2.txt  3.txt  4.txt  5.txt  6.txt  7.txt  8.txt  9.txt

という要領でアルファベット順にソートされてしまうが,

$ ls -v
1.txt  2.txt  3.txt  4.txt  5.txt  6.txt  7.txt  8.txt  9.txt  10.txt  11.txt  12.txt  13.txt  14.txt  15.txt

とすれば自然な順序になる.べんり.
man 曰く,

-v natural sort of (version) numbers within text